ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

057☆トリゴラスの逆襲


トリゴラスの逆襲 (えほんのもり)トリゴラスの逆襲 (えほんのもり)
(2010/12)
長谷川 集平

商品詳細を見る


びゅわんびゅわん
かおるちゃんをさらっていったトリゴラスが、
ふたたびまちにあらわれた。
こんどはなにをさがしているのだろう…。


少年と少女のほのかな恋心を
ものすごく偏って表現しています。
あいた口がふさがらない・・・
そんな絵本です。

異性を意識し始めた思春期に、
誰もが一度は想像するであろう
好きな人とのふたりだけの世界

そういった思春期の
甘酸っぱい気持ちを、
シュールだけど、どこか笑えてしまうイラストと
関西弁の短い文章とで
見事に表現しています。

突然現われた怪物トリゴラスは、
少年の欲望が具現化した姿であり
少女の妄想が生み出した怪物でもあります。
少年少女の不安定で残酷な一面、
自己中心的で独占的な考え方、
トリゴラスはそういう物なのでしょう。

長谷川 集平さんの描く怪物は、
昔なつかしい、ウルトラマンや仮面ライダーのような
特撮物を彷彿とさせます。
そして、描かれた人間は妙に生っぽい。
少年は何も知らない坊やなのに
かおるちゃんの妙に大人びた色気ったら・・・
しかも、なんだかあばずれたベテランの匂いも・・・

ふと、自分の小学生時代を思い出しました。
精神的にどんどん成長して
おませさんになっていく女の子と
鼻水をたらしてボ~っとした
いつまでも夢をみたままのアホな男の子。
愛だの恋だのから最も遠い存在・・・
男子なんてそんなもんでした。
なんか、リアルだなぁ。

どうやらこの絵本、
読んだことないけど
トリゴラスの続編のようです。

是非一度ごらんあれ☆

【トリゴラスの逆襲】
文・絵/長谷川集平
文研出版
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。