ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

056☆カガカガ


カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅)カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅)
(1997/11)
日野 十成

商品詳細を見る



北アメリカのウィネバゴ族の神話に登場する
おかしな男、ワクジュンカガ。
おろかな失敗をしたり、人をだましたり、
人さわがせなことをしては、
みんなから笑われたり、しかられたり。
人々の心を開いていく道化として活躍します。


独特なイラストに奇想天外なお話。
神話って、どこの国のものも
とてもおもしろい絵本になります。

おかしな、タイトルが気になり手にとってみました。
そこには、こうありました。
「いしと とりが むすばれて、ひとりの こどもが うまれた。」
・・・なんじゃそりぁ!!!

さらに読みすすめると、
「ながい へそ、まるめて はこに いれている。」
「ながい しりの あな、ぶらぶら さげて あるいてる」
なんですと(´゚Д゚`)

こうくると、もう読んでみるしかないでしょう!
こんなおもしろストーリー見逃すわけにはいきません。

北アメリカのウィネバゴ族に伝わる神話だそうですが
すごい発想力ですよね(笑)
衝撃の内容です。
だって、しりのあなが叫ぶんですもの!

是非一度、読んでみてください。

【カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり】
文/日野 十成
絵/斎藤 隆夫
福音館書店
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。