ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

055☆子うさぎましろのお話


子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
(1970/02)
佐々木 たづ

商品詳細を見る


サンタクロースからもらった
プレゼントのおかしを
すぐに食べてしまった子うさぎのましろは、
またプレゼントをもらえる方法を
思いつくのですが…。


物心がついてきた子供に
読みきかせてやりたい絵本です☆

子供が一度は考えるであろう嘘。
ましろのついた嘘を通して、
子供たちの胸は、
きっとキュンとなるでしょう。

サンタクロースのとった行動を通して
大人たちは自分がどうあるべきかを
感じ取れるでしょう。
その懐の大きさを…。

そして、物語の全体を通して
人と人がどうあるべきか。
どうしていけばよいのか。
そんなことを優しく教えてくれる絵本でした。


【子うさぎましろのお話】
文/佐々木 たづ
絵/三好 碩也
ポプラ社
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おこんばんわcaori*さん!

そうなのです、
大人も子供もそれぞれの立場で
色々と感じ取れるんですよ!

ウソをついたらダメだけど
それを優しくつつみこめる器の大きさってのも
必要なんだなって思いました。

僕はすぐにおこちゃうので。。。
短気は損気ですね~(笑)

ルクの絵本っち☆ | URL | 2011/02/20 (Sun) 22:34 [編集]


ルクさん こんにちは*

ましろは どんなウソ ついたのかしら、
気になるなぁ。

大人も 子供も なにかを
感じ取れる 本なんですね☆

caori* | URL | 2011/02/20 (Sun) 16:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。