ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

031くまとやまねこ

くまとやまねこくまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


突然、最愛の友だち・ことりを亡くしてしまった、クマ。
くらくしめきった部屋に、ひとり閉じこもっていたくまが、
やがて見つけた、あたらしい時のかがやき。


逝く者と、送る者。
そして、悲しみをのりこえるお話。

楽しいステキなお話っぽいなぁ。
そんな気持ちでこの本を開きました。
…が、どっしりと心に響く物語でした。

最近、年をとったせいかよく考えるようになったこと…。

「最愛の人を亡くしてしまった時、
   残された自分はどうなってしまうだろう。」

おそらく、色々な人たちとのつながりを壊して
一人閉じこもってしまうだろうな。
その自分の姿は、この物語のクマと重なります。

悲しいときは思いっきり沈んで、泣けばいい。
でも、大事なのはそこではなく、
どう乗り越えるか、どう立ち直るかという事だと
この本は教えてくれたような気がします。

死から逃げるのではなく
受け入れて、乗り越え再び進んでいく。

出会いには必ず別れがあるのだから…。

でもね、その先には
もっと楽しい出会いもきっと待っているのです。

【くまとやまねこ】
文/湯本香樹実
絵/ 酒井駒子
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんはcaori*さん!

caori*さん、こんばんは☆

そうなんです。
今回の絵本は、caori*さんのためにチョイスしました。
逆効果になってしまったら…って少し悩みましたけど
思い切ってアップしました。

生意気なこと言ってごめんなさいね。

ルクの絵本っち☆ | URL | 2010/03/19 (Fri) 03:15 [編集]


ルクさん こんばんは

実は 16日に 読み逃げしちゃいました~
だって タイムリーに 泣いてしまいそうな 内容だったので。。。
ルクさん わたしの為に この本
選んでくれたのかしら~ と思ったくらいです^^


受け入れて、乗り越え再び進んでいく
うーん これ とっても大切なこと ですね☆
ありがとう♪

caori* | URL | 2010/03/19 (Fri) 00:11 [編集]


どうもどうもワタシさん!

ワタシさん、コンニチハ!

きゃ~!!お気に入り登録ありがとうございます!
リンクしたいけど、言い出せずに本日を迎えた次第です。
こっちもリンクに入れました☆

Amebaブログの方に行くには、
山あり谷あり、
深いジャングルの遠い遠~い道のりを
進んでいくかの如しでした。。。
リンクした今ではもう
気分はドラえもんの「どこでもドア」ですな(笑)

これからもよろしくお願いしますね☆

そうそう絵本のお話。
昨日もこの絵本を本屋さんで買うべきか買わぬべきか
自問自答をしてました…1時間も。

ことりの尾に紐を結んでやるとこなんてもう…(T_T)

でもね、30過ぎたおっさんが子供に混ざって
絵本を手に1時間ウロウロしているなんて、
もう少しで警察呼ばれるとこでしたよ~^^

ルクの絵本っち☆より | URL | 2010/03/15 (Mon) 10:06 [編集]


どうもワタシです。

こんばんがーe-250

このお話ちょっとさびしくて優しいステキな話ですよね~。アタイ買うか買うまいか今も悩んでいる最中です・・・

そうそう、ルクブログをアメーバのお気に入りに入れたんですe-275へへへ
更新されたらすぐわかるからまた飛んできますね~♪♪

くつずれおじさん | URL | 2010/03/15 (Mon) 01:45 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。