ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

030☆灰かぶり

haikaburi


実母の死後、やってきたまま母とその娘にこきつかわれ、
眠るベッドもなく、かまどのそばの灰の中で眠る主人公。
灰まみれの娘はやがて「灰かぶり」と呼ばれます。
白鳩に助けられ出席した舞踏会で、
靴を落としてしまう灰かぶり。
王子様は、残された靴を頼りにお妃探しを始めます。


シンデレラのもう一つの姿。
かぼちゃの馬車やガラスの靴が出てこない
とっても現実的なお話です。

スペン・オットーの絵に出てくる人達は
怒っている人、笑っている人、
皆、とっても表情豊かにかわいらしく描かれています。
今にも動きだしそうで、
動画をみているかのような気分に☆

また、澄んだ青色がとても綺麗で、うっとり
その中に使われている黄色が飛び出して見えるので
思わず手を伸ばして触りたくなります。
もう気分はふわふわです♪(なんだそれ)

お話はというと…気を失いそうになりました。
僕は、血とかダメなので。。。

小さな靴を履くために
まま母の命令で、指やかかとを切り落とすお姉さま方。
血がどくどくして、嘘がばれます。(ぎゃ~!!!)

「つまさきをとっておしまい。
  お妃になれば歩かなくってすむんだから。」

まま母のこの言葉は衝撃です。

しかも、挙句の果てにこのお姉さま方は…
グリムおそるべし!

【灰かぶり】
文/ヤーコプ・ルートヴィッヒ・グリム
   ヴィルヘルム・カール・グリム
絵/ スペン・オットー
訳/矢川澄子
評論社
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは~どんぐりぼうやさん!

どんぐりぼうやさん、こんにちは!

たしかに「ステキな絵本」ではないですね(笑)

日本の昔話にしても、外国の昔話にしても
かなり恐ろしいことが、さらっと描いてありますよね。
子供の頃は、そこが面白くて仕方がなかったですが
大人になってから見るとぞっとします。
(でも恐いもの見たさで少しドキドキ)

リンクの件、こちらこそありがとうございます。

ルク | URL | 2010/03/04 (Thu) 12:49 [編集]


キャ~!!怖い~!!

ルクさんの感想読んでるだけでも震えがv-12
でも、カテゴリが「ステキな絵本」なんですね(笑)
是非、読んでみます!

P.S リンクしていただき、ありがとうございます^^

どんぐりぼうや | URL | 2010/03/04 (Thu) 08:28 [編集]


caori*さん、こんばんは!

いつもありがとうございま~す^^

そうですよね~。

こんなに恐いお話しが、
あの素敵なシンデレラの
元になっていたかもしれないなんて…。

もう、ディズニーのアニメを
ワクワクして見られません(笑)

ルク | URL | 2010/03/04 (Thu) 00:51 [編集]


ルクさん こんばんは★

もう この一言しか 出てきませんでした!
『恐い。。。』
後に 言葉が 続かなかったです(笑)


caori* | URL | 2010/03/03 (Wed) 22:12 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。