ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

025☆おやすみなさいフランシス

おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1966/07)
ラッセル・ホーバン

商品詳細を見る


アナグマの子どもフランシスは、
いろいろ理由をつけていつまでもねむろうとしません。
どこの子にも思いあたる話を、
ほほえましくとらえたかわいらしい絵本です。
───────────────────────
ブログを始めた頃から
絶対紹介しようと思っていた一冊です。

この絵本…最初はそんなに
魅力的な印象は受けないのですが
時間がたつにつれ、もう一回見ておこうってな風に
じわじわと気になる絵本になっていきます。
あと半年もすれば殿堂入りに違いない!

子供の頃、眠るという行為は
つまらないのと同時に、
なにやら恐ろしいことに思っていました。

部屋の隅のほうに、おばけがいるんじゃないか?
天井のひびわれから、何かが出てくるかもしれない
カーテンの後ろから誰かが見ていんじゃないか?

そんな純心無垢な頃を思い出しました。

今では布団に入ったら2分でぐぅ~です。

【おやすみなさいフランシス】
文/ラッセル・ホーバン
絵/ガース・ウイリアムズ
訳/松岡 享子
福音館書店
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。