ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

化物語(アニメ)


化物語 ひたぎクラブ 【通常版】 [DVD]化物語 ひたぎクラブ 【通常版】 [DVD]
(2009/09/30)
神谷浩史斎藤千和

商品詳細を見る


今回はアニメっちです。

マニアックな内容になりますので
アニメが苦手な方はそっとページを閉じてくださいね☆

ある日、阿良々木暦めがけて降って来た女の子、
戦場ヶ原ひたぎには、
およそ体重と呼べるようなものが、
全くと言っていいほどなかった!?
新しい時代の、青春怪異譚。


社会不適応者の自分が
立派な社会人になれそうな
そんな気がしてきていた矢先、
若かりし頃のイタイ部分が
再び騒ぎ出してしまう・・・そんな作品です(笑)

とにかく、見る人を選びます。
駄目なひとは全く駄目。
いける人はとことんハマリますのでご注意を。

お話の流れを簡単に説明すると、
何らかの心的な理由で
怪異と呼ばれる物にとりつかれてしまった
ヒロイン達を助けるっていうようなお話です。
(全然怖くありません。むしろ笑えます)

まず、ほぉ~とうなったのはそのタイトル。
「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」・・・と続きます。
「ひたぎクラブ」と聞いた時、どう考えても
小鳥愛好家のクラブ活動のお話だと思っていました(笑)

本編を見ればどういうことかは分かるのですが、
タイトルひとつとっても
ここまでコンパクトにかわいくまとめあげられるなんて
言葉遊びっておもしろい☆
ちなみに、僕は「ひたぎクラブ」のお話が大好き。
ヒロインは全てにおいて常軌を逸しています。


ビジュアル面では、
ギャルギャルのぷりんぷりんなイラストではありますが
画面中の文字の使い方が斬新。
良い悪いはさておいて、
デザインセンスをうかがえる新しい見せ方です。
日本語の文字の持つ力を再認識させられます。
また、風景や構図もかなりデザイン的で
見とれてしまいます。
昔、エヴァンゲリオンを見た時にもそう思いました。

物語の主人公達の会話も独特で
主人公とヒロインのくだらない掛け合いで
全体の6割ぐらいが構成されています。

その掛け合いがたまらなくおもしろいです☆
無駄な掛け合いで
キャラクターの性格や本質、
趣味趣向や生活環境に至るまで
想像できてしまうので不思議です。

少々中だるみはありましたが
TV版の最終回は、
ヒロインのセリフとエンディング曲の
あまりのマッチングに鳥肌がたちました。
こんな経験は初めてかも・・・。

是非ごらんあれ。

【化物語】
著/西尾維新
イラスト/VOFAN
講談社

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。