ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

045☆のいちごそうはどこにある?


のいちごそうはどこにある?のいちごそうはどこにある?
(2008/03)
エヴァ ビロウ

商品詳細を見る


ホップさんが建てたのいちごそうには、
4ひきの森の仲間がすんでいます。
みんな、この家が気に入って、
楽しくく暮らしています。
ところが、ある日、大変な事がおこってしまいました。


長い文章を感じさせない
楽しい絵本です。

この絵本を手に取ったのは
そのサイズが特別だったからです。
そう「長方形」なんです。
縦長の絵本に、初めて遭遇しました
正直なところ、ちょっと読みづらいです(笑)

イラストは緑と赤の2色で描かれているのですが、
白の部分と掛け合わせたエンジの部分が
うまく使われていて、2色印刷とは思えない風に
仕上がっています。
イラストレータの力量が試される2色のイラストで
これ程巧みに表現されているあたり
一見の価値ありです

【のいちごそうはどこにある?】
文・絵/ エヴァ ビロウ
訳/佐伯愛子
フレーベル館

スポンサーサイト

PageTop

044☆ちいさいいすのはなし


ちいさいいすのはなし (おはなしのほん)ちいさいいすのはなし (おはなしのほん)
(2006/11)
竹下 文子

商品詳細を見る


小さいいすは男の子と仲良しでした。
おやつを食べるときも一緒、
絵本を見るときも一緒。
楽しいときは一緒に笑い、
叱られたときは慰めてあげて。
やがて男の子は大きくなり、
いすは物置につれていかれ…。


子供の頃、大好きだったあのおもちゃ
どうしただろう…。
この絵本を読むと
あの頃の相棒にまた、会いたくなります。

このイラストのすごいところは、
いすに顔が描かれていないにもかかわらず
構図によって、色々な表情が見えてくる所です。

広い荒野にぽつんといる椅子。
前のめりで、やや前方でトリミングされた不安定な構図。
いすの、さみしさや不安な気持ち等の表情が
うまく描かれています。

最後のページの、
足元に子供のおもちゃが置かれているイラストが
とっても印象的。
いす君の満面の笑みが伝わってきてホッとします。

【ちいさいいすのはなし】
文/竹下文子
絵/ 鈴木まもる
ハッピーオウル社

PageTop

043☆おばけやしきにおひっこし


おばけやしきにおひっこしおばけやしきにおひっこし
(2009/10)
カズノ コハラ

商品詳細を見る


マージョリィとねこのオスカーがひっこしたのは、
なんと、おばけやしき。
でも、だいじょうぶ。
だって、マージョリィは…。


とってもかわいい版画の絵本です。

オレンジに黒がきいているイラスト。
版画だから当然か。。。
さらに、和紙(?)のような半透明の素材が
おばけを表現しています
うっすらと透けているところがとってもおばけらしいです☆

たくさんいるおばけを壷に捕まえるっていう
発想もステキです。
普通、退治するだろうに。

さらに、ねこのオスカーが変身した姿はとってもキュート!
変身した後は、二足歩行に(笑)

捕まえられたおばけは汚れているらしく、
洗濯され(なんと二層式ではない!)、
物干しに干されテーブルクロスや布団がわりに…。

ご愁傷様です。

【おばけやしきにおひっこし】
文・絵/カズノ コハラ
訳/石津ちひろ

PageTop

042☆まいごのペンギン


まいごのペンギン (にいるぶっくす)まいごのペンギン (にいるぶっくす)
(2005/12)
オリヴァー ジェファーズ

商品詳細を見る


ある日、ドアを開けるとペンギンがいました。
男の子は、迷子のペンギンを助けようと
南極に向かってボートを漕ぎ出しますが…。


ペンギン萌え(*≧з≦*)
もう表紙で一目惚れです。

ペンギンって…なんでこんなに
かわいいんでしょうねぇ。
そりゃ、近所の水族館でも一番人気なわけです。

とにかく、この絵本のペンギンは
仕草がかわいいのです

男の子のお手伝いするペンギン。
メジャーで船を計るペンギン。
嵐の中、船首で傘をさしてたたずむペンギン。
南極の氷に必死で登ろうとするペンギン。

もう愛らしいの一言です(ノ≧▽≦)ノ~~~☆

ペンギン好きにはたまらない一冊です。

【まいごのペンギン】
文・絵/オリヴァー ジェファーズ
訳/三辺 律子
ソニーマガジンズ

PageTop

041☆ぼくがおっぱいをきらいなわけ


ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)
(2001/10)
礒 みゆき

商品詳細を見る


ぼくは、おっぱいなんてきらいだ。
お兄ちゃんになった男の子の、
おっぱいによせる切ない気持ちを描いた絵本。


とってもかわいい絵本です。
弟か妹が出来て、
お兄ちゃんになった子供がいる
お母さんに是非読んで欲しい絵本です

主人の少年は、弟が出来たので
お兄ちゃんになります。
だから、必死でおっぱいを卒業しようとします。
でも、きらいになろうとすればする程
どんどん気持ちが大きくなって…

お兄ちゃんになったって、
やっぱり子供なんですよね~☆

うちも、2人目が出来たら、
このことをよ~く覚えておかないと…。
でも、うちは、お姉ちゃんになるんだった。
お姉ちゃんもおっぱいなんでしょうかね?

このお話の中に、
「おとうさんのおっぱいは毛がはえているから
 もっと嫌いだ」っていう文章が

ぎゃふん!

【ぼくがおっぱいをきらいなわけ】
文・絵/磯みゆき
ポプラ社

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。