ルクの絵本っち☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

036☆ぼくがまもってあげるね


ぼくがまもってあげるねぼくがまもってあげるね
(2010/03)
マーサ アレクサンダー

商品詳細を見る


だいじょうぶ、ぼくがまもってあげるから。
そういってジャングルたんけんにでかけた
仲良し二人組み。でも、しばらくいくと…。


子どもの心を、ぬいぐるみを使って
見事に表現した絵本です。

ジャングル探検に出た、仲良し二人組の、
「僕(主人公)」と、「ぬいぐるみのテディ」のお話。

物音がする度に、主人公の「僕」は不安になって
どんどんヘタレになっていきます。
(ヘタレ以外の言葉がうかばなかった…。)
反対に、テディはどんどん
頼りがいのある大きくたくましい姿に変化していきます。

主人公の僕が、「怖くないよ」って言い訳するのですが
その内容がとってもかわいい☆

ぬいぐるみのテディを
僕が守ってあげるんじゃなかったのかって
突っ込みをいれつつも、微笑ましい内容です。

【ぼくがまもってあげるね】
文・絵/ マーサ アレクサンダー
訳/ ふしみ みさ

PageTop

感動でひっくりかえった。・゚・(*ノД`*)・゚・。

今日ポストに入ってたお便り。
待ちわびた、あのお方からのお便りでした!

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

2010年04月28日。
当時、僕はネットが繋がってなかったので
ブログを更新できずに、日々モンモンとする毎日。

そんな中、ささはらけいこさんのブログ
「コンコロの森のヒミツのぬけ穴」で、
あまりに唐突に
「ビビリ初企画・・・ポストカードばらまき大作戦!」
が告知された!

ネット繋がってないから応募できないっつ~の!
ちくしょうのこんちくしょう!って思いながら、
最後の手段、モラルなんてクソクラエ。
必殺会社からの応募(笑)

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

企画はやがて、超ふとっぱらな全員プレゼントとなり…

っというわけで、いただきました!
ポストカード。

ojisanyori2.jpg


ステキ~~~☆
やっぱ現物はスゴイ!
繊細な線の一本いっぽん、
そして、計算された微妙な色のバランスまで
見事に見える~!
思っていた以上に精密で完成度高すぎだぞ~!!!

うれしいため息が何度もでますよ、こりゃこりゃ。

そして、何なの、この可愛らしい切手は!
もっふ~☆(またうれしいため息が出た)
めっちゃでかいけど(笑)


ありがとう、ほんとにありがとう!
“くつずれおじさん”こと
“ささはらけいこ、フワリフラリの絵本とイラスト”さん!


一生ついて行きますぜ、おじさん!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ささはらけいこさんは、
とってもかわいい癒し系のイラストを描かれる
イラストレーターさんです。
絵本ユニット、ペロンペロンドロップスも結成されています。
是非ごらんくださいね~☆

ささはらけいこsanのブログ------------------------------
コンコロの森のヒミツのぬけ穴
ペロンペロンドロップス*絵本の街をつくろう作戦*
----------------------------------------------------------


そうそう、直筆お手紙ありがとうございました☆
めちゃめちゃ丁寧でカワイイ文字書きなるね~。
ちょっと、笑えたのは、
筆跡がうちの奥さんとそっくりなところ。
今、二人で笑っておりました☆

PageTop

035☆ねんどぼうや


ねんどぼうやねんどぼうや
(2003/08/26)
ミラ・ギンズバーグ

商品詳細を見る


おなかがへって、
目にはいるものをすべてを
食べてしまったねんどぼうや。
その前にたちはだかったのは!?
スリル満点のロシアの昔話。


今まで出会ったことが無い
迫力ある構図が魅力の絵本です。

びっくりしたのは、その構図。
かつて無いトリミング!

このトリミング、少し上すぎないか
っていうくらいの上半身の入れ方。
手前の人、足首しか入ってないんですけど
ってほどの激しい奥行きの表現。
ビデオカメラ片手に、
物語を追っている感じです!

その構図は、上から下から
目まぐるしく変化しまくりです。
そんな理由でスピード感を感じるのでしょうか?
あっという間に読み終えてしまいました。

初めての経験です。

それに、なんだか
ページをめくるうちに
動画に見えてくるから不思議です。

この絵本を読む時は
あまりのスピード感に酔ってしまわないように
注意してお楽しみください。

ただ、どちらかというと、アニメに近いかも…。

【ねんどぼうや】
文/ミラ・ギンズバーグ
絵/ジョス・A・スミス
訳/覚 和歌子
徳間書店

PageTop

034☆あくたれラルフ


あくたれラルフあくたれラルフ
(1995/01)
ジャック ガントス

商品詳細を見る


セイラのねこ、ラルフはあくたれねこでした。
セイラはからかわれても、パーティをだいなしにされても、
どんなあくたれをされても、ラルフのことが好きでした。
ところがサーカスにでかけた時、
ラルフのあくたれは度をこして…。


GWに遊びに来てくれた
絵本の師匠オススメの一冊です☆

味のある独特のイラストで、
キャラクターの表情から
背景の細部に至るまで
たっぷり楽しめる絵本です。

デフォルメされたイラストですが
ラルフのふてぶてしい表情、
飼い主セイラのあきれた表情が
生き生きと伝わってきます。

あくたれをされすぎたセイラが、
あきれるのを通りこして無表情になっちゃうのですが、
この表情が、とってもかわいい!
この絵柄で、よくもここまで表情が出せるもんです。

バックの処理もとっても凝っています。
登場人物の着ている服から、
ステキな模様の入った壁紙、調度品の数々まで。
さりげないこだわりが見てとれます。
なんといっても、攻めた色使いがいい!

だがしかし、
この絵本で一番衝撃を受けたのは、
横町に出てくる「ヤクザのネコ」!
今まで見た事が無いほどのいかついフェイス!
ヤクザよりヤクザです。
これは一見の価値ありです。

【あくたれラルフ】
文/ジャック ガントス
絵/ニコール ルーベル
訳/いしい ももこ
童話館出版

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。